人気ブログランキング |

この歳で?母と発達障害と。

ベランダの松葉ボタン。
買った時には白と黄色のつぼみしかなかったのに、植え替えたら
ピンクとオレンジ色のつぼみが急に大ききなって、今きれいに咲いている。
どうやらここの環境が気に入ったみたいだ。

ここのところ気になっている(といっても、20代の頃からずっと気にかかってきていた)
発達障害のこと。
この歳になって、育てられ方とか育ちの環境とかあたりから探って、発達障害だと診断が下れば、
今のからだのあちこちの緊張(気持ちと筋肉と)からくる痛みを解決する糸口がみつかるかもなんてかんがえて。
でも今更そんなことはちゃんちゃらおかしいことだと思うこともある。
育てられ方といって考えれば、両親との関係、特に母との関係でいまだに清算できない。
ときどきこのことが目の前いっぱいに広がってしまうこともあって、
これはどうしたものかしらん?と扱いに困ってしまう。

育てられ方なんてもう忘れて捨てて先のことを考えようとするのが、
今はやりのポジティブな考え方と行動なんだろう。
でも突然勝手に広がる感情と光景は、なかなかシャットアウトできないから困る。
というか、この親との関係と育ちのことをすっきりさせれば、違う見方や考え方が
今からでも広がるんじゃないかと、ちょっと期待もしてしまうのだ。

母けっして毒親ではなかった。
母から大事にされて育ったことは紛れもない事実だ。
母はははなりにがんばってできることはしてくれた。
ありがたい事実だ。
ただ大事にはされたけれど、かわいがってもらうことはあまりなかった・・・

母の存在は大きなもので、というより20代までわたしの全てに近い問題になっていて、
母なしではわたしの今の存在はない。
でも今のわたしの母への感情は、ありがたみよりも重みだ。
この歳になるまで解決できない問題を残してくれたこと。
こんな問題というか考えや気持ちやなんかさっさと捨てればいいのに。


母のこと、何かに書いてみようかと思い始めている。

by hamuneko7 | 2019-06-20 14:41 | 日常の些細な出来事 | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31