人気ブログランキング |

花見に行く。

今週は散歩を兼ねてサクラをあちこちで見てきた。
家の周りにも7本のサクラの木があり、今真っ盛り。
それなのに昨日行ったところは、歩いてわずか15分くらいのところなのに
まだ3分咲きといったところ。
サクラの性格もずいぶん違うものだと思った。

サクラを観ようと思って歩いていると、サクラのような花をずいぶん見かける。
今年はけっこう頻繁に。
調べてみたら、サクラのつもりが花桃だったりアンズだったり。
カイドウの花は見分けがつくと信じていたのだけれど、ことばで違いを表そうと
思うと心もとなくなってくる。
これもサクラとかなり似ているから。
(もちろんカイドウは小さな木でサクラのように大きくはならないから、
 そういう違いはわかっても、花をじっくり見るとかなり似ている
 ような気がする。)

調べた結果わかったことは、サクラもみんな祖先が一緒だってこと。
ウィキペディアにはこうある。
>サクラ)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)
[1](Prunus, Cerasus, Japanese cherry, Sakura) の落葉樹の総称。

みんなバラ科でモモと似ているものなんだ・・・
ボケだってバラ科だし。
あんな大きなサクラがバラ科というのもなんだか似つかわしくないなぁ
なんて風にも思うけれど、それは思い込みだろうし。

🍎リンゴだって🍐ナシだってみんなバラ科。
みーんなきれいだし、おいしい。
ありがたいものだ。

さて今夜もこれから昨晩に引き続き朗読の録音。
川上弘美の小説を読んでいたら昨日は時間が経つのを忘れてしまった。
15分くらい読んだつもりでいたら、30分近くになっていて
これはちょっと長かった。
佐野洋子のエッセイがいまのところ一番いい。
ちょっとおかしみもあるし、ちょっと毒づいているし、義母の年齢に近いから、
外地での生活(戦前の満州)のことなんかわかりやすいし。

本の内容について悩みすぎるのもどうかとは思う。
毒っけなしの文章ってあんがいつまらないし、物足りない。
義母にとっても「普通」がいいのかもしれない。
食べることが出来なくても食べ物の話が聞きたいこともあるだろうし、
旅に出られないから旅の話もいいのかもしれない。
義母にとって「良い」「普通」ってなんだろう?
まぁ毎日朗読の素材探しが当分続きそうだ。

by hamuneko7 | 2019-04-06 22:13 | 日常の些細な出来事 | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30