ドラマを選ぶとき。

相変わらず天気悪し。
頭痛おさまらず。
でもがんばって図書館に出かけたらちょっとよくなった。

いま、秋のドラマの改変期で、テレビはどこも宣伝に
力を入れている。
暇人であるわたしは、どの番組(ドラマ)を録画してみるかを
決めるために、気になったものを初回で厳選することが常となっている。

今日見た録画。
軽度アルツハイマーと診断される女性が(医師)、ある男性との(これも医師)
結婚直前にして、別の男性(一番好きな小説の著者だったことがわかる)を
突然好きになってしまい・・・
というドラマ。

あぁこれもアルツハイマーが事件として扱われ、悲劇の中の恋愛として
描かれているんだなぁ。
悲劇が好きな人が多い⁉
事件が起こらないと刺激が足らない!?
これってケータイ小説の展開。
別にケータイ小説が悪いわけじゃないけど、わたし的にはつまらない。

おもしろいドラマみたいのになぁ・・・
『透明なゆりかご』はよかった。
原作の漫画とはずいぶん調子が違うけど、そこもまたいいのかも。

さてこれから少し読書だ。
『民主主義の死に方』は、池上彰さんの推薦本。
トランプが大統領になった背景について書いている模様。
乙骨淑子の児童書2冊と上野瞭の書いたもの2冊。
これは清水眞砂子さんの取り上げていた本であり人である。
ほか計8冊。
楽しみ!


[PR]
by hamuneko7 | 2018-10-13 16:34 | 日常の些細な出来事 | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30