お釜がもてるのだ。

手を手術してから、本日さっきから初めてご飯を炊いているところ。
(今までは夫がまとめて炊くか、お弁当やおにぎりを買ってすませていた。)
我ながら感激!?
お釜をもってもまぁまぁ手に痛みがこなかったから。
といいつつも、
お箸を使うのはまだ痛みがでるので嫌厭してしまう。
フォークでグサッといく毎日。

夕食が、お弁当ばかりだと嫌になってくるので、
元気が出るとなぜか料理(⁉)をしたくなる。
腸やら何タラの本を読んでいたので、影響されて
出所が明らかなものを食べたい・料理したいと・・・

埼玉で史上最高の気温を観測した日のこと。
素揚げのなすを食べたら元気が出そうと、
(なすはからだを冷やす素材だし、
 あげなすはいろんな味付けができるから便利なのだ)
暑いのに逆らってなすをたくさんあげなすをつくってしまった。

翌日、それが原因かはわからないけれど、また調子を崩し
昨日は汗をかかなくなって気分まで悪くる始末。
でも夕べいろいろな方法でからだを冷やしたら楽になった。

そして今日、
こりもせず、また炒め物とみそ汁&ご飯炊き。
(みそ汁も冷やしておいて、きゅうりをいれたりすると
 からだに心地いい。
 今日のみそ汁は冬瓜とネギ・油揚げ。)
まぁこれくらいの調理は簡単すぎかもしれないけれど。
あとは、スーパーで買ったものをプラスしておしまい。

『トマト缶の黒い真実』という本を読んでだのも、
効いているかなぁ。
(本の内容は・・・
 中国やアフリカで作られたトマトピューレが、イタリアに
 輸出されそこで加工(ここがみそ!)され、イタリア産として
 輸出される。
 トマト栽培の過程で、誰がどんなふうに作っているかという問題、
 イタリアに集中されるピューレは、闇の勢力が関わっているという問題、
 加工の過程で入れられる添加物、輸入されたピューレをどんな風に保管しているか
 など、いろんな問題があるという報告だ。)

やっぱり自分のからだは自分にしか守れないからなぁ。
そんな当たり前のことが、だんだんわかってきつつあるかも。

[PR]
by hamuneko7 | 2018-07-25 17:56 | 日常の些細な出来事 | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30