『私たちは子どもに、何ができるか』を読む。

昨日へばった分、今日は11時過ぎまで寝ていたら
元気回復!!
からだってほんとに正直者で、無理やりやろうとしてやっても
全くうまくいかないものが、休息をとってからだを休めたら
いとも簡単にできちゃうってことが、多い。
なんでも無理やりはいいことない。

夕べは読む気が出なかった本だって、今日になったら
すらすら読めてしまった。
(図書館に返さなくちゃならないから。期限が迫っているという
 プレッシャーもある)

前回は
『3000万語の格差
    赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ』
            ダナ・サスキンド著
            明石書店
を読み、今回は
『私たちは子どもに何ができるのか
     非認知能力を育み、格差に挑む』
            ポール・タフ
            英治出版

を読んだ。

今まで出会ってきた何人もの方々に、この本を送りたい
ところだ。
「あめとむち」・懲罰・成績に関わる減点や加点といったインセンティブで
子どもたちを押さえつけようとする人たちに。

『私たちは子どもに…』の本の前書きは、NPO法人『フローレンス』理事の
駒崎弘樹が書いている。
>アメリカのように貧困が蔓延する社会にしてはならない。
>愛する子どもたちのために行動を!
と彼は書く。

さて、この本の「非認知能力」というもの。
これは最近流行のグリット(やり抜く力)・レジリエンス(回復力)とか
粘り強さなど、勉学以前の生きていく力のことだと考えていい。

こういった力は、子どもの頃の生育環境に大きく作用され、ストレスに
慢性的にさらられているこどもには、なかなか身につけられないものだ。
けれど、だからといってこういう力を回復させられないと嘆いても
しかたがない。
周りの大人たちが、子どもたちの環境を整えてあげさえすれば、
適切な関わりあいかたをしさえすれば、獲得できると
ポールは言っている。

だいたいこんな風だ。
 
  やり方はいろいろある。大事なのは温かい真正面から子どもと向き合い
 やりとりすることだ。
  
  帰属意識・安全・安定についてのメッセージ、世界のなかでの
 自分の居場所についてのメッセージ、こういったメッセージこそ
 大事なのだ。

  低所得者層の子どもたち(そういうアイデンティができあがってしまって
 いる子供たち)が、失敗した時、彼らは一番敏感になる。
  ここで大人がどういうメッセージを与えるかが、大きく作用する。
  あなたは今失敗しても、大丈夫。これから頑張れる。そういうメッセージ、
 視線を返すといった些細なことから、付箋にメッセージを書いてレポートを
 返す、といった方法や、やり方はいろいろだ。
  人間関係の中で、勉強することは価値あることだという信念が
 つくられなければ、いくらインセンティブを与えてもその子どもは
 伸びていかない。

こんなことが、段階を追って詳しく書かれている。
なんといっても、懲罰を与えること、ルールを守らせることこそが
一番大事だと信じてやまない大人たちに、そうじゃないよと
伝えたい、
わたしは強くそう思ったわけ。

そろそろ右の親指が痛くなってきたのでこの辺でおしまい。
(親指もほかの指のを使うと連動していたくなる。トホホ。)

これで、図書館に返す本追加!




             



[PR]
by hamuneko7 | 2018-07-21 14:06 | 読んでいる本のこと | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30