父の笑顔がみたくて。

父は変わりはてていた。
電話で聞いていた状態からかけ離れ,ことばをなくした。

スケッチブックに大きなひらがなの文字で
「どこかいたい?」と書いて父に見せた。

画用紙をじっと見て,
「わかんない」という。
文字がどうやらわからないらしい。
見えないのか?読めないのか?
痛いのかどうかわからないのではなかった。

耳に手を当てて直接口をあて,話しかけたら
「痛くない」といったから。

足も曲がって動かなくなっていた。
座ることも,飲みこむこともできない。

わたしの顔はわかったらしく,2日目に行ったら,
3時間わたしの手を握っていた。
ふっと寝て,起きるとわたしがいるか目をきょろきょろさせ,
「いるから大丈夫だよ」というとまた寝た。

毎日会いたくなる。
10回の呼びかけに対し,1回くらいは会話になることがある。
そしてにっこりする。
涙が出る。

2日間,思い出すたびたくさん泣いた。

昨日,明日は義母のところへ行く。
明日は初めてのクリニックを訪ねる。
痛みでどんどんうつ状態になっていく義母。
なんとか笑顔を取り戻してほしい。

あさっては父の隣にずっといよう。
[PR]
by hamuneko7 | 2015-03-22 21:00 | Comments(0)

ゆっくり,ゆっくり。


by hamuneko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30